フライトドクターの激務度

フライトドクター求人TOP >> フライトドクターの転職の基礎 >> フライトドクターの激務度

フライトドクターの激務度

多くの医師の卵にとって憧れの的であるフライトドクターの仕事ですが、かなりの激務ですから、憧れだけでは勤まりません。フライトドクターは毎日の業務は救急医ですから、まずはそちらの業務がとても激務である事は容易に想像がつくでしょう。1日のうちに何人もの人に対して救命活動を行うわけですから、体力が必要ですし、すぐに心が折れるような精神では仕事ができません。心も体もタフでなければ勤まらない仕事です。

救急医であっても激務度は相当高いのに、その上フライトドクターとなると激務度はさらに上がります。通常フライトドクターは当番制になっており、その日の当番の医師は最初からフライトスーツを着用して救急医としての仕事にあたります。そして消防からの要請が入れば、すぐにドクターヘリに乗って現場に駆けつけるのです。1日に何度も出動する事もありますし、また出動がなかったとしても、救急医として目の前の患者を救うことに全力をかけることになりますから、二足のわらじで常に全速力で走っているという感じで気が抜けません。ミスが許されない世界ですから、激務である事は間違いなく、フライトドクターの当番の日は休憩がなかったり、食事も軽めに済ませて、胃にもたれないように注意しておく必要があります。災害現場など過酷な状況の中で、救命活動を行いますし、10kgもある医療機器を背負って歩いたりするので、勤務中はのんびりできる時間はないと思って良いでしょう。

しかし安心して頂きたいのが、フライトドクターの場合、完全週休二日制をとっている病院が多く、休日の日にはオンコールが入らないように配慮しています。ただでさえ、日々の仕事が精神的にも肉体的にもハードですから、休日にきちんと休まなければ、目の前の患者を救う事が出来なくなってしまうからです。フライトドクターの仕事はワンマンでは出来ず、常に消防や病院、そして同乗するフライトナースや操縦士などとの連携プレーで成り立っているので、フライトドクターの調子が悪ければ、患者の命を救うどころか、周りのメンバー全てに迷惑をかけてしまいます。ドクターヘリに乗って救助に向かうので、自分の判断ミスで自分だけでなく、周りも危険に晒すことにもなりかねませんから、フライトドクターは休日にはきちんと休める体制を整えています。

とはいっても、フライトドクターの仕事は激務であることには変わりありません。フライトドクターとしての業務が終わっても、そのまま救急医としての任務に戻るわけですから、休む間がないというのが実情です。

フライトドクターの求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2018-2020 フライトドクター求人ガイド All Rights Reserved.