フライトドクターの年収・給料

フライトドクター求人TOP >> フライトドクターの転職の基礎 >> フライトドクターの年収・給料

フライトドクターの年収・給料

多くの人の命を救いたいという気持ちで医師になりたい、そして近い将来フライトドクターを希望しているという人はやはり、フライトドクターの年収やお給料が気になるでしょう。

フライトドクターになるにはもちろん医師免許が必要で、晴れて医師免許が取れたら、次に研修医として2年間経験を積みます。研修が終わって自分の専門を選ぶ時に救急専門医を選択し、ドクターヘリを所有している病院に勤務して、まずは救急医としての経験を積みます。救急医としての経験を積んだ後、やっとドクターヘリに乗る事が出来るフライトドクターになる事が出来るのです。

お給料は病院の規定によってまちまちですが、概ね救急医とあまり違いがなく、1,000〜1,400万円となっています。救急センターの求人情報を見てみても、やはり年収が1,200万円前後で、病院によってはフライトドクターの場合危険手当やドクターヘリに搭乗する回数による手当が加算される事があります。手当が加算される分、通常の救急医よりもお給料が良いと思いがちですが、実はフライトドクターはドクターヘリに乗っていない時は通常の救急医としての業務に当たっていますから、救急医と年収の差が無いのは妥当と言えます。

消防からの要請を受けてドクターヘリが出動するのですが、何もなければフライトドクターとして仕事をする事も無いわけですから、救急医との年収の格差がそれほど無いというのが頷けるでしょう。しかし残念ながら、日本は災害が多く、1日に複数回ドクターヘリが出動することは多いので、神経がすり減るフライトドクターの仕事に手厚い手当が支給されても当事者以外から見れば割に合わない仕事だと思うでしょう。

フライトドクターを実際に行っている救急医の話を見てみると、年収よりもやはりやりがいを感じている人が多くいます。災害現場など極限の状況に一番に出向いて、最小限の医療機器で患者を助けなければならないので、確かに肉体的にも精神的にも辛い仕事であるのは間違いありません。患者の命を救うには一分一秒が大切で、自分の判断によって大切な命を守る事が出来ないことだってありえます。そんな状況だからこそ、フライトドクターは自分が医師として使命を果たせる仕事ですから、大きなやりがいを感じて仕事を遂行している医師が多いのです。年収やお給料の面以上に貴重な経験を積むことが出来る事が、フライトドクターの一番の魅力です。フライトドクターに興味があるなら、まずは年収やお給料よりも医師としてのやりがいを考えてみてください。

フライトドクターの求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2018-2020 フライトドクター求人ガイド All Rights Reserved.