フライトドクターのやりがい

フライトドクター求人TOP >> フライトドクターの転職の基礎 >> フライトドクターのやりがい

フライトドクターのやりがい

ドラマで一躍人気となったフライトドクターの仕事ですが、やっぱりかっこ良いイメージがあるので、多くの人が憧れる職業と言えます。そんなフライトドクターですが、仕事はハードで休みなく人命救助にあたりますし、精神的な強さも必要とされます。それでも多くのフライトドクターが感じるやりがいとはどのようなものでしょうか。

フライトドクターとして働くやりがいはやはり人命を救えるという事でしょう。災害など急を要する現場に一番に駆けつけて、最小限の医療機器などを使って最大限の努力で患者の命を救うという事に大きなやりがいを感じる事が出来ます。しかし、ここで大切なのはフライトドクター一人の力によって人命が救える訳ではありません。同じくドクターヘリに搭乗するフライトナースやヘリの操縦士などとの連携がなければ人の命を救う事ができません。さらに、消防や病院などとの横の繋がりがあってこそ、患者の素早く搬送し、最適な方法で患者の治療に当たる事が出来るのです。

時々ネットなどを通して目にするのは病院内での軋轢など、人間関係の摩擦です。部署内での争いや多部署とのコミュニケーション不足などによって、本来不要な争いを招いてしまいます。しかしドクターヘリの仕事でこのようなつまらない人間関係の摩擦はまさに命取りとなります。患者の命を救えないどころか、ひょっとしたら自分たちフライトドクターの安全さえも守れなく可能性さえあるのです。ドクターヘリの仕事はまさにチーム一丸となって業務を行う事や、消防や病院などの受け入れ体制などがとても重要で、皆がそれぞれの部署で最大限の仕事をする事で人の命を救う事が出来ます。フライトドクターの仕事のやりがいでこの点をあげる人が多数存在していて、みんなとの連携で人の命を救えた時がまさに医師冥利に尽きる瞬間であると言えます。

フライトドクターは通常は救急医として仕事をしているので、常にフライトスーツを着用して日々の仕事にあたっています。そして消防の要請を受ければ、すぐにドクターヘリに乗って出動します。休む間もなく人命救助に当たるのですが、それでも多くのフライトドクターがやりがいを感じて仕事が出来るのは、人の命を救えることだけでなく、多くの仲間とベストな仕事をしている瞬間を味わえる事にもあるでしょう。自分一人だけでは出来ない仕事、そして自分にしか出来ない仕事、この二つの側面を有しているからフライトドクターの仕事は止められないのでしょう。

フライトドクターの求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2018-2020 フライトドクター求人ガイド All Rights Reserved.