フライトドクターの休日

フライトドクター求人TOP >> フライトドクターの転職の基礎 >> フライトドクターの休日

フライトドクターの休日

過酷な状況で仕事をしているフライトドクターですが、フライトドクターにとって休日を取る事はとても大切な事です。フライトドクターの仕事は常に体力や判断力、冷静さ、粘り強さが要求される仕事なので、自分の体調がきちんとマネジメントできていなければ、患者の命を救う事ができないからです。

フライトドクターは出動がなければ、そのまま救急医として業務に当たります。日勤や夜勤などをこなしながらフライトドクターとしての業務をこなすわけですから、その日の状況にもよりますが、1日のうちにゆっくり休みを取る事は難しいです。そのためフライトドクターは週休二日制をとっている事が多く、休日は完全オフにしています。フライトドクターの場合、自分の患者さんに何かあってもフォロー体制が整っているので、完全に休日が取れるように配慮されている病院が多いです。

フライトドクターである救急医の仕事は四六時中患者の手当に当たるので、精神的にも肉体的にもハードな日々が続きます。そのため休日は完全に仕事から離れてリフレッシュ出来るようにしなくては、日々の仕事に支障をきたしてしまいます。そのためフライトドクターが休日の時は仕事の電話もかからないような体制をとっている病院が多いです。

病院によっては24時間体制でオンコールがかかるところがあり、これだとしっかり心も体も休める事が出来ないので、フライトドクターではそのような勤務体制だと思うような仕事が出来ないばかりか、ひょっとしたら自身やメンバーに危険を及ぼしてしまう可能性が出てきます。常に万全の体制でフライトドクターとしての業務に当たれるように、休日は完全にオフになるようにしている病院が多いです。フライトドクターは休日の時は仕事から一切離れるようにしていて、普段できない家族サービスに心がけている人が多いです。子供と一緒に遊んだり等、家族との時間を大切にする事で、さらにフライトドクターとして質の高い仕事ができているのです。

病院側はフライトドクターが休日をきちんととって仕事に臨んでもらえるような体制を整えてきていますが、やはり女性のフライトドクターの場合は、結婚や出産を機にフライトドクターを辞めてしまう事が多いです。フライトドクターの仕事はとてもやりがいのある仕事ですが、やはり体力面や精神面での負担が大きいので子育てとの両立が難しいのが実情です。この点を踏まえて、フライトドクターが結婚や出産をしても家庭と両立出来るように休日の取得だけでなく、あらゆる面で環境を整備していく傾向にあります。

フライトドクターの求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2018-2020 フライトドクター求人ガイド All Rights Reserved.