山梨のフライトドクター求人

フライトドクター求人TOP >> 地域別のフライトドクター求人 >> 山梨

山梨のフライトドクター求人

山梨で医師としてキャリアアップしたい方におすすめなのがフライトドクターです。フライトドクターは、医師としての経験が重要になり、転職でも人気があります。ただフライトドクターとして働くには、「ドクターヘリを配備している病院」を選ばなければいけません。ドクターヘリを配備している病院は、2018年3月現在で全国42道府県・52機。各道府県に最低1機配備されていることになりますが、それでもまだまだ数は少なく求人もあまり募集していないといわれています。

山梨でフライトドクターとして働くなら、「山梨県立中央病院」のみ。この病院では2012年4月からドクターヘリが運航しており、2014年には400件以上出動した実績があります。またドクターヘリで処置を行った人数も400名以上と多く、フライトドクターが活躍できる機会がたくさんあるでしょう。

山梨県立中央病院では、臨床研修医の募集を行っています。臨床研修医は「初期臨床研修」と「後期臨床研修」の2つに分類され、後期臨床研修は医師として3年以上の経験がある方が応募できます。一方で初期臨床研修は、医師としての経験が少ない方が応募します。転職であれば、ほとんどの方が後期臨床研修を選択することになるのではないでしょうか。フライトドクターは、研修医を経て本格的に働けるようになるので、転職後すぐにフライトドクターとして働くことはできません。そのため、山梨県立中央病院以外でも、基本的に臨床研修医の募集を行っています。もちろん、給料もきちんと支払ってもらえます。では、初期臨床研修・後期臨床研修の募集要項を詳しく見てみましょう。

まず初期臨床研修の給与は1年次360,000円/月・2年次445,000円/月。当直手当を考慮した平均給与額になります。すでに応募受付期間が終わっているため、次回は2019年の募集になるでしょう。6月中旬頃に受付が開始されると思いますので、山梨県立中央病院でフライトドクターとして転職したい方は要チェックです。後期臨床研修は、臨床研修修了者または修了見込みがある医師のみ応募できます。随時募集しているので、転職も可能。給与は、卒後3年494,600円・卒後4年535,000円・卒後5年580,400円、それに時間外勤務手当と当直手当が付加されることになります。後期臨床研修を経て、ようやくフライトドクターになれるでしょう。ちなみに、フライトドクターとして働けるようになってからの給与は、勤務先の病院医師とほとんど変わりません。それに出動回数の手当がつくと考えておくと良いでしょう。

フライトドクターの求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2018-2020 フライトドクター求人ガイド All Rights Reserved.