徳島のフライトドクター求人

フライトドクター求人TOP >> 地域別のフライトドクター求人 >> 徳島

徳島のフライトドクター求人

徳島県でフライトドクターになるためには、ドクターヘリを運用している「徳島県立中央病院」のみになります。そのため、徳島県でフライトドクターになるチャンスは限られています。徳島県立中央病院では2012年10月から運航しており、日本全国では36番目の基地病院になります。現在、徳島県立中央病院にいるフライトドクターは4名。フライトナースとともに搭乗しますが、ナースは8名と医師より多く働いています。もともとフライトドクターの求人は少なく、またフライトドクターになるまでにかかる期間も長いため、求人が出てもすぐにフライトドクターとして勤務することはできません。そのため、徳島県に限らず非常に貴重な医師といえるでしょう。そのぶん、キャリアアップしたい方には最適です。

フライトドクターの求人は、救命救急センターに勤務する救急専門医または研修医が主になります。徳島県立中央病院では、随時さまざまな職種の求人を募集していますが、救命救急センターで働く常勤医師も募集しています。募集条件は、医師免許を取得後、3年以上の臨床経験がある者。募集人員に達するまで募集を行っているので、応募期間は決まっていません。そのため、中途採用も可能です。地方公務員となりますので、給与・年収は公務員と同等となります。そのため、一般の医師に比べると比較的給与や待遇は良いでしょう。勤務時間は、週38時間45分。年次有給休暇もあります。

臨床研修医の経験がない医師免許取得者は、臨床研修医を選択することになります。初期研修医の経験がある方は後期研修医を。初期研修医の応募資格は、平成30年3月に医師免許を取得見込みがある者。同年4月1日から2年間研修を受けることになります。基本給は、1年次と2年次で異なり、前者は月額300,300円程度、後者は月額315,000円程度。勤務時間1日7時間45分で、週休二日制になります。申込期間が平成29年7月20日必着となっていますので応募はできませんが、毎年募集しているので初期研修医を申し込みたい方は2018年の募集を随時確認しておきましょう。

後期研修医は、医師免許を有していることはもちろんのこと、臨床研修修了登録証を有していることが応募資格になります。修了登録証は、平成30年3月31日までに臨床研修を修了見込みのある者も含みます。基本給は、有期常勤の場合は年額約610万円(月額約51万円)。賞与は期末手当で約76万円/年になります。正規職員となった場合は、年額約800万円(月額67万円)。期末勤勉手当として月額約150万円/年支給されます。

フライトドクターの求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2018-2020 フライトドクター求人ガイド All Rights Reserved.