栃木のフライトドクター求人

フライトドクター求人TOP >> 地域別のフライトドクター求人 >> 栃木

栃木のフライトドクター求人

フライトドクターとして活躍している医師は、全国的に見ても多くありません。それは、ドクターヘリを配備している病院でしか活躍できる場所がないからです。そのため、普段は救命救急医として働き、出動要請があった場合のみフライトドクターとして働くことになります。また各地、ドクターヘリを配備している病院は2018年3月現在で全国42道府県52機。栃木県には、獨協医科大学病院にて2010年1月からドクターヘリを配備しています。

病院によって使用しているヘリコプターは異なりますが、獨協医科大学病院では時速約200km、基地病院から50km圏内なら離陸してからの時間は約15分と短時間で到着します。そのため、速やかな救命処置や迅速な搬送ができます。小型ですが、汎用性が高いので低コスト・低騒音で患者さんを安心して搬送することができるでしょう。では、獨協医科大学病院でフライトドクターとして働くにはどうしたら良いのでしょうか?公式ホームページの採用情報を見てみると、臨床研修医・レジデント・職員の3つの募集が掲載されています。初期臨床研修医は毎年決まった時期に募集がかけられており、2018年度の募集は終了。2019年度採用については2018年6月以降に掲載されますので、忘れずに確認してください。

また研修医だけでなく、レジデントでも救急科の医師として十分な専門知識と技能を習得することができます。もともと、フライトドクターになるには医師の免許を取得したあと、研修医として2年間病院で勤務することになります。レジデントでは、2年間の臨床研修を修了した方で救急科の知識・技能を習得したい方が応募できます。給与も支給されますが、1年次・2年次・3年次で異なります。また宿日直手当として平日15,000円、土曜18,000円、休診日(日直)15,000円、休診日(当直)15,000円支給されます。

転職の場合、医師としてキャリアアップしたい場合に適していますが、フライトドクターとして働く場合は各病院でフライトドクターの適性が認められなければいけません。医師免許があれば応募できますが、フライトドクターとして働くには簡単な道のりではないでしょう。ただ、救急専門医になると、法律で定めている経験年数は不要になります。各病院が出動を依頼したらフライトドクターとして搭乗できるでしょう。まずは、獨協医科大学病院の採用情報を随時確認してください。

フライトドクターの求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2018-2020 フライトドクター求人ガイド All Rights Reserved.