佐賀のフライトドクター求人

フライトドクター求人TOP >> 地域別のフライトドクター求人 >> 佐賀

佐賀のフライトドクター求人

佐賀県は、「佐賀大学医学部附属病院」がドクターヘリを配備している病院になります。運航を開始したのは2014年1月からとそれほど歴史は古くありませんが、2015年には2倍近くの出動件数まで上がり着実に増加しているのが分かります。特に重篤患者は、ドクターヘリによって生命の危機を逃れた方もいるといいますから、救命率もアップしているといえるでしょう。そんなドクターヘリで活躍するフライトドクターですから、当然医師としてのスキルが求められます。

佐賀大学医学部附属病院でフライトドクターとして働くには、採用情報を確認しましょう。基本的に、各病院で募集しているのは研修医です。救急医を募集している病院もありますが、研修医を修了し、救急医としての経験・技術がある方が対象になります。佐賀大学医学部附属病院では医師の募集はありませんので、フライトドクターを目指すなら研修医を選択することになるでしょう。研修医は「初期研修」「後期研修」に分けられます。初期研修は研修医未修了の医師が、後者は修了している医師が応募できます。佐賀大学医学部附属病院では、現在後期研修医を募集しています。ただし募集要項はまだ公開されていませんので、随時公式ホームページをチェックする必要があります。

給与・年収は年齢や経験などによって異なります。また病院の医師とほとんど変わらず、それにフライトドクターとしての手当がつくと考えておくと分かりやすいでしょう。フライトドクターとしての手当は、ドクターヘリに搭乗した回数になります。当然、搭乗する回数が多い病院ほど手当が多くつくことになり給与・年収も高くなります。そのため、フライトドクターの平均年収は1,000万円〜1,200万円程度。もともと医師の給与・年収はサラリーマンの給与・年収に比べると高いといわれていますが、フライトドクターのように特殊な職種をこなす場合はさらに高くなりやすいでしょう。ただ医師全体の平均年収で考えると、極端に高いとはいえません。というのも、医師の平均年収は1,240万円。先ほどのフライトドクターの平均年収を少し上回っています。「フライトドクターだから以前より良い給料をもらえる」と期待していたら、実際は他の医師と同じだった…というケースが多いですので、基本的に医師と同等の給与・年収になると考えておくと安心です。

とはいえ、佐賀大学医学部附属病院は比較的安定した病院です。準公務員なのでクビになることも少ないですし、転職後も安心して働くことができるでしょう。

フライトドクターの求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2018-2020 フライトドクター求人ガイド All Rights Reserved.