大分のフライトドクター求人

フライトドクター求人TOP >> 地域別のフライトドクター求人 >> 大分

大分のフライトドクター求人

大分県でフライトドクターとして働くならドクターヘリを配備している「大分大学医学部附属病院」がおすすめです。ここの病院でドクターヘリが導入されたのは2012年10月。県内を20分以内で飛び、救急車なら1時間以上かかるところも短縮して現場急行できます。フライトドクターはそんなドクターヘリに搭乗し、フライトナースとともに処置を行うことになります。医師としての経験が問われるため、キャリアアップには最適でしょう。

そんな大分大学医学部附属病院では、随時スタッフを募集しています。臨床研修の経験がある医師はもちろんのこと、研修医の経験がない方でもフライトドクターとしてスキルを高めることができます。求人は、救命救急センターの公式ホームページにある「スタッフ募集お問い合わせ」より可能です。詳細の記載がありませんので、興味のある医師の方は直接お問い合わせしてください。

フライトドクターの求人で気になるのが、「給与・年収」です。基本的に、各病院の医師と同等の給与・年収になります。それにフライトドクターとしての手当が別途つくことになるでしょう。大分大学医学部附属病院の医師は、兵員年収が550万円。ただし35歳前後の平均年収なので、年齢や勤続年数、経験に応じて変わってきます。全体的に安定している病院なので、残務も申告できちんと手当がつきますし、夜勤のあとも休日がもらえるので無理なく働くことができるでしょう。転職はもちろんのこと、就職でも安心して働ける病院ではないでしょうか。また病院見学もあるので、「事前にどんな病院か知りたい」「働いているスタッフの雰囲気を知りたい」という方も安心です。

フライトドクターは、いわゆる救急医になります。ドクターヘリが出動したときのみ活躍することになるため、普段は救急医として勤務しています。基本的に医師1名・看護師1名・操縦士1名の計3名で搭乗するため、医師としての経験はもちろんのこと高い技術も求められることになります。そのため、医師免許を取得しているだけではフライトドクターとして働くのは難しいでしょう。研修医としての経験がない方は研修医として数年間さまざまなことを学び、フライトドクターとしての適性が認められれば採用という形になります。大分大学医学部附属病院でも初期研修・後期研修を募集していますので、研修医を未修了の方は初期研修を、修了している方は後期研修を選択しましょう。

フライトドクターの求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2018-2020 フライトドクター求人ガイド All Rights Reserved.