新潟のフライトドクター求人

フライトドクター求人TOP >> 地域別のフライトドクター求人 >> 新潟

新潟のフライトドクター求人

新潟でフライトドクターとして勤務したい方は、「新潟大学医歯学総合病院」へ転職する必要があります。新潟大学医歯学総合病院は2012年10月よりドクターヘリを配備しており、救命救急に力を注いでいます。公式ホームページにて、ドクターヘリが出動する受付時間や活動範囲などを掲載しているので確認することができます。

フライトドクターの求人は、救命救急医が基本です。そのため、フライトドクターとして働くのは出動要請があったときのみになります。ですから、フライトドクターオンリーで働くことは難しいでしょう。また、もともとフライトドクターの求人は少なく、ドクターヘリを配備している病院でも頻繁に求人を募集していることはありません。よって、なかなか求人情報を得られないのが現状です。新潟大学医歯学総合病院でも、救命救急医の求人については掲載がありません。

2018年に入ってからの採用情報を見てみると、理学療法士や歯科総合診療部・手術部・麻酔科などの助教、薬剤師、看護師など。救命救急医としての募集がある場合は、今後掲載されますので随時採用情報を確認することをおすすめします。ちなみに、新潟大学医歯学総合病院のドクターヘリは、毎月30日以上の出動があります。特に秋から冬にかけての出動が多く、平成29年10月〜12月は総日数が31日。1日1回は出動していることになります。

新潟大学医歯学総合病院の救急科では、急病や外傷への診療、重症な場合は救命救急処置と集中治療を行っています。これらを専門とした病院で、1年365日24時間休むことなく動いているのが特徴です。そのため、転職する場合は医師としてのスキルはもちろんのこと、いつどんなときもすぐに対応できる能力も求められるでしょう。そのなかで、フライトドクターとして活躍することになります。

先にも述べましたが、もともとフライトドクターの求人は少ないのがデメリットです。また、フライトドクターになることも難しいといわれています。求人が少ないのもこのためでしょう。ヘリコプターに搭乗する医師も1台につき1名ですし、普段は救命救急医として勤務するためそれほど人数を要さないからかもしれません。2017年3月の時点で全国にいるフライトドクターの数は約150人でしたから、フライトドクターとして働くのは決して簡単なことではないでしょう。また、医師として資格はもちろんのこと経験・技術も求められます。給与・年収は、搭乗回数によって異なるため、手当として支給されます。毎月変動があり、救命救急医としての給与・年収が基本になるでしょう。

フライトドクターの求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2018-2020 フライトドクター求人ガイド All Rights Reserved.