宮城のフライトドクター求人

フライトドクター求人TOP >> 地域別のフライトドクター求人 >> 宮城

宮城のフライトドクター求人

フライトドクターとして勤務する場合、ドクターヘリがある病院を選ぶ必要があります。宮城なら、仙台医療センター・東北大学病院にドクターヘリを配置しており、フライトドクターとして働ける救急科医師の求人も募集しています。宮城がドクターヘリを配置するようになったのは2016年10月から。そのため、2018年3月現在では全国42道府県に52機が配備。この先も増えていく可能性は高いでしょう。

採用も随時行っています。仙台医療センター・東北大学病院はドクターヘリの運航が開始されたのが2016年のため、他の病院に比べフライトドクターやフライトナースが不足しています。初期研修医・後期研修医・常勤(非常勤)を募集していますが、常勤・非常勤について詳細はないため応募したい方は直接問い合わせてください。ちなみに、初期研修医の理念は「プライマリケアへの基本的診療能力を持つ」「幅広い視野であり、豊かな人間性、思いやりがある」「医療者と円滑なチームワークが実現可能」「社会と地域への医療の役割を理解、実現できる」「安全・良質な医療を実践できる」こと。

給与は1年次:約32万円、2年次:約33万円。その他、ボーナスとして1年次:約83万円、2年次:約85万円が支給されます。さらに、宿日直研修手当2万円が回数に応じて支給されることになります。病院敷地内に宿舎も完備されており、年2回の健康診断を受けることができます。後期研修医は、「医師臨床研修修了者」「修了予定者」そして同等の者のみ応募できます。募集人員は科によって異なります。研修期間は、平成29年4月1日〜平成32年3月31日までの3年間。または平成34年3月31日までの5年間から選択できます。給与は、約45万円〜約51万円。別途手当が支給されます。またボーナスとして年間 基本給×2.6ヶ月分が支給されるでしょう。

常勤・非常勤として勤務する場合は、当然研修医とは給与・年収が変わってきます。普段は救命救急センターで勤務することになり、ドクターヘリが出動するときにフライトナースや操縦士とともに搭乗することになります。そのため、フライトドクターとして勤務した場合は、その回数が手当として支給されることになるでしょう。ですから、毎月決まった金額が支給されるわけではありません。基本的に、フライトドクターの給与はその病院で働いている医師の給与水準になります。それでも、平均年収は1,000〜1,400万円と決して低くはないでしょう。

フライトドクターの求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2018-2020 フライトドクター求人ガイド All Rights Reserved.