熊本のフライトドクター求人

フライトドクター求人TOP >> 地域別のフライトドクター求人 >> 熊本

熊本のフライトドクター求人

熊本県には、フライトドクターとして勤務できる「熊本赤十字病院」があります。熊本赤十字病院では2012年1月からドクターヘリを運航しており、数名のフライトドクター・フライトナースが活躍しています。フライトドクターは専門医になります。そのため、医師免許があっても、フライトドクターとしてすぐ働くことはできません。その代わり、キャリアアップには適しているでしょう。また普段は救急医として勤務することになりますから、救急医の資格を持っている医師であれば採用後すぐにフライトドクターとして働くことができます。

熊本赤十字病院の採用情報を見てみましょう。フライトドクターは、前述したとおり普段は救急医として働くことになります。そのため、採用情報でチェックしたいのは「救急科」です。熊本赤十字病院では、「救急集中治療医師」「救急専門医」を若干名募集しています。随時募集しているので、中途採用も可能。給与は、独立行政法人職員就業規則および給与規定によって決定します。平均年収は、約1,500万円(うち、業績手当約250万円)。業績年俸とは賞与のことをいいます。毎年6月と12月に支給され、頑張った分だけ給与として加算されます。そのため、非常にやりがいを感じることができるでしょう。宿舎が完備されていないため遠方からの応募は簡単ではありませんが、熊本県でフライトドクターとして活躍したい方は応募してみてはいかがでしょうか。

また、臨床研修医も募集しています。熊本赤十字病院で募集しているのは、「平成31年度初期臨床研修医」のみです。平成31年3月に医師免許を取得見込みがある方または平成16年度以降に医師免許を取得している者で卒後臨床研修を未修了の方が応募できます。研修期間は、平成31年4月1日から2年間。給与は、1年次:340,000円/月、2年次:360,000円/月になり、通勤手当・特殊勤務手当なども支給されます。フライトドクターとして勤務した場合は、「ヘリコプター搭乗救急医療手当」がつきます。支給される給与は、実績給になるため搭乗回数に応じて支給されることになるでしょう。当然、活躍回数が多いほど給与に反映されますので、とてもやりがいを感じることができます。

熊本赤十字病院では、子供からお年寄りまでさまざまな年齢層の患者さんが受診しています。病状も、軽症者もいれば重症者もおり、救急研修では救急科をローテーションし、1年で救急外来を担当することになります。また月5、6回は指導医のもとで研修を受けることになり、2年間で研修医として十分な知識・技術を身につけることができるでしょう。

フライトドクターの求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2018-2020 フライトドクター求人ガイド All Rights Reserved.