高知のフライトドクター求人

フライトドクター求人TOP >> 地域別のフライトドクター求人 >> 高知

高知のフライトドクター求人

医師のキャリアアップのひとつとして挙げられるのがフライトドクターです。フライトドクターはドクターヘリに搭乗し処置を行う医師のことで、臨床研修の経験があり、かつフライトドクターとしての適性を認められなければ働くことができません。そのためフライトドクターになるのは難しいといわれていますが、その代わりキャリアアップにはベストといえるでしょう。高知県でも、フライトドクターとして働くことは可能です。しかし、ドクターヘリを運用している病院は高知県・高知市病院企業団立 高知医療センターのみ。2011年3月から運航しており、年間を通して出動率は高く、フライトドクターとしてのやりがいは感じやすいでしょう。

高知医療センターでフライトドクターとして働くには、救急科の医師または臨床研修医を選ぶ必要があります。医師の募集は5名。常勤・非常勤ともに募集しており、非常勤医師は3名の募集になります。時期によって募集人員に変動がありますのでその都度公式ホームページを確認してください。また処遇についての記載がありませんので、こちらも事前確認が必要になるでしょう。

臨床研修医の経験がない方は、初期研修医を申し込むことになります。初期研修医を修了している方は、後期研修医を申し込んでください。初期研修医は、すでに平成31年度の研修医を募集しています。選考日は、2018年7月28日・8月4日・9月1日。平成30年3月の医師国家試験に合格した方(マッチング参加)に応募資格が与えられます。申し込み期間は2018年8月31日までとなります。初期研修医に採用すると、身分は非常勤職員扱いになります。基本月額報酬は1年次31万円、2年次32万円。宿日直手当・時間外手当・住居手当などの諸手当が支給されます。

後期研修医は、救急科が3〜5名募集しています。採用後は地方公務員扱いになり、報酬は3年・4年・5年・6年以降で異なりますので公式ホームページで確認してください。ちなみに、6年以降は5年目の額(41万円)に1年ごと1万円が加算されます。諸手当も、医師免許取得からの年数(3年・4年・5年以降)によって異なるでしょう。また、高知医療センターでは随時病院見学を受け付けています。必ず申し込みに必要事項を記入し、備考欄へ「見学希望診療科名」「見学希望日時」を入力してください。

フライトドクターの求人が少ないなか、高知医療センターは比較的募集が多いので応募しやすいでしょう。

フライトドクターの求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2018-2020 フライトドクター求人ガイド All Rights Reserved.