鹿児島のフライトドクター求人

フライトドクター求人TOP >> 地域別のフライトドクター求人 >> 鹿児島

鹿児島のフライトドクター求人

鹿児島県でも、フライトドクターとして働くチャンスはあります。フライトドクターは、キャリアアップには最適。普段は救急専門医として働くことになりますから、専門的な知識や技術も得ることができるでしょう。鹿児島県でフライトドクターとして働くには、「ドクターヘリを有ししている病院」を選ばなければいけません。鹿児島県には2か所の病院がドクターヘリを配備しており、ひとつは「鹿児島市立病院」、もうひとつは「鹿児島県立大島病院」になります。それぞれ運航が開始されたのは鹿児島市立病院(2011年12月〜)、鹿児島県立大島病院(2016年12月〜)。フライトドクターは、フライトナース、操縦士とともに搭乗することになり、速やかな応急処置が求められます。では、それぞれの病院でフライトドクターの求人はあるのでしょうか?まず、鹿児島市立病院から見ていきましょう。

採用情報を見てみると、初期臨床研修・後期臨床研修・医師・看護師・その他の職種(薬剤師など)の項目があります。このうち、フライトドクターとして働けるのは初期臨床研修・後期臨床研修・救急専門医になります。医師の募集を見てみると、5名程募集中。医師の資格があれば経験は問いません。常勤職員扱いになり、フライトドクターとして搭乗すると実績手当を支給してもらえます。初期臨床研修は、平成30年3月に大学医学部または医科大学を卒業見込み、もしくは卒業者を対象に、平成30年の医師国家試験を受験・免許取得見込みの者が応募できます。それ以前に資格を取得している者は、平成29年に合格していることが条件になります。ただし、臨床研修未修了でなければいけません。医師臨床研修マッチング協議会による研修医マッチングに参加する者も応募資格の対象になるでしょう。報酬は、1年次:401,100円/月、2年次:420,000円/月。それぞれ日勤21日の場合は諸手当を含みません。後期臨床研修の募集要項は準備中となっていますので、応募を検討している方は掲載されるまで随時チェックしておきましょう。

続いて鹿児島県立大島病院の採用情報です。医師募集では地域救命救急センターを1名募集しています。給与は、医師免許取得後の年数や資格などによって決定します。また業績に応じた手当もプラスされるでしょう。また、研修医の募集も行っています。第112回医師国家試験を受験予定または免許取得後で臨床研修を修了していない者、医師臨床研修マッチング協議会のマッチングシステムに参加する者が応募資格になります。履歴書や詳細については公式ホームページを確認してください。

フライトドクターの求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2018-2020 フライトドクター求人ガイド All Rights Reserved.