岩手のフライトドクター求人

フライトドクター求人TOP >> 地域別のフライトドクター求人 >> 岩手

岩手のフライトドクター求人

フライトドクターを知っていますか?フライトドクターとは、救急用ヘリコプターで処置などを行う医師のことをいいます。救急用ヘリコプターはドクターヘリとも呼ばれており、テレビなどで一度は見たことがある方もいるのではないでしょうか。主に緊急のときに利用し、フライトドクター以外にフライトナース、操縦士も乗り込みます。

岩手県でフライトドクターになるためには、医療機関の救急外来に就職しなければいけません。転職の場合も同様です。すべての医療機関でドクターヘリを擁しているわけではないため、求人を探す際は“ドクターヘリを擁している医療機関”であることが条件になります。また、岩手県なら岩手医科大学附属病院に就職することがフライトドクターになる第一歩になるでしょう。岩手医科大学附属病院では、院内にヘリポート基地を有しており、出動要請があると出発します。使用しているヘリは、全長12.16メートルで、全幅10.2メートルあります。最大巡航速度は時速254kmになり、航続距離は630kmになります。病院によって搭乗できる人数は異なりますが、岩手医科大学附属病院の場合6名まで乗ることができるでしょう。このように、岩手県でフライトドクターとして活躍できる場所は今のところ1か所のみになります。

フライトドクターになるためには、就職より転職のほうが有利になるでしょう。岩手医科大学附属病院のように、専門学校の場合は卒業後就職が可能ですが、基本的に医師としての経験が求められるため未経験での転職は難しくなります。2年間研修医として勤務し、救急専門医としての経験を積んでようやくフライトドクターとして働けるでしょう。簡単に順序を説明すると、1.医師免許を取得する、2.研修医として2年間勤務、3.研修医を終えた後、救急専門医を選ぶ、4.ドクターヘリがある病院で救急専門医として勤務、5.フライトドクターの研修を受ける、6.各病院の判断で適正が認められると採用。岩手県では、岩手医科大学附属病院でフライトドクターとしての適性が認められれば働くことができるようになります。

気になる給与・年収ですが、地域によって異なります。そして、ドクターヘリに搭乗した回数に応じて支払われますから、“手当”ということになるでしょう。そのため、基本は救急専門医の給与が主な収入になります。年収も、免許取得からの勤続年数に応じて決まりますから、医師としての経験が長いほどフライトドクターでの年収も良くなるでしょう。岩手医科大学附属病院では、岩手医科大学にて採用情報を掲載しています。

フライトドクターの求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2018-2020 フライトドクター求人ガイド All Rights Reserved.