群馬のフライトドクター求人

フライトドクター求人TOP >> 地域別のフライトドクター求人 >> 群馬

群馬のフライトドクター求人

群馬では、前橋赤十字病院でフライトドクターとして活躍することができます。前橋赤十字病院には高度救命救急センターがありますが、ここに所属している医師がフライトドクターとしてフライトナースとともに必要な応急処置を行うことになります。群馬県では2009年2月からドクターヘリが運航していますが、出動要請があれば群馬全域でスピーディーに対応してくれます。そのため、県内であれば約20分以内で現場に到着できるでしょう。また出動実績も年間で300〜500件と多く、1日1回以上は出動していることになりフライトドクターとして活躍したい医師にはピッタリの転職先といえるでしょう。

そんな前橋赤十字病院では、フライトドクターとして働ける医師を募集しています。もちろんフライトドクターとしての求人はなく、救急医としての募集になります。応募資格は、医師免許取得から2年以上経っていること。かつ卒後臨床研修修了者または修了見込みがある者のみ応募可能です。書類審査・面接により選考し、3〜5年目は後期研修医と6年目以降の医師であれば随時応募を受け付けています。

勤務内容は、1.救急外来で1〜3次救急患者の初期治療・トリアージ、2.中毒や多発外傷、また重症熱傷患者などの主治医管理、3.集中治療室での重症患者管理、4.ドクターヘリ・ドクターカーでの現場活動や病院前医療、5.災害時の災害救護医療など。希望に応じて、麻酔管理や院内他科短期研修の相談も可能です。待遇・給与・年収などの記載はありませんので、気になる方は一度問い合わせをしてみてください。

前橋赤十字病院では、教育や研修にも力を入れています。そのため、将来フライトドクターとして活躍したい方の育成にも積極的に取り組んでいます。救急医やフライトドクターには整った環境といえるでしょう。

そもそも、フライトドクターになるためには医師免許はもちろんのこと「救急科専門医の資格」も必要になります。医師免許さえあれば応募はできますが、転職であればやはり前述した資格は取っておいたほうが確実です。基本的に、医師免許取得からフライトドクターになるまでの期間は最低10年近くかかるといわれています。だからこそ、医師としてのキャリアがある転職のほうが有利になりやすいのでしょう。免許を取得し2年間の初期研修を終えたあと、後期研修or専攻医研修を受けるタイミングで前橋赤十字病院の救急科を選択すると、短期間でフライトドクターになることができます。

フライトドクターの求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2018-2020 フライトドクター求人ガイド All Rights Reserved.