福島のフライトドクター求人

フライトドクター求人TOP >> 地域別のフライトドクター求人 >> 福島

福島のフライトドクター求人

福島では、2008年1月からドクターヘリを配備しています。場所は、「公立大学法人 福島県立医科大学附属病院」。現在この1か所のみで決して多くありませんが、フライトドクターとして活躍したい方にはピッタリでしょう。ちなみに、公立大学法人 福島県立医科大学附属病院は東北地方で最初にドクターヘリを導入した地域でもあります。そのため、フライトドクターや救命救急医として活躍している医師はたくさんいます。転職にも適しているでしょう。

使用しているヘリは、ユーロコプター。時速200〜250km程度で飛行し、救急車では数時間かかるところも大幅に時間短縮できるといわれています。それくらい、有能なヘリコプターになります。ドクターヘリにはフライトドクターをはじめフライトナースや操縦士も搭乗しますが、それぞれ1名ずつと患者は最大2名まで乗り込むことが可能です。

出動頻度ですが、1か月あたり5〜15回程度。たとえドクターヘリを配備している病院でも、出動回数が少ないとフライトドクターとして活躍することができません。5〜15回程度なら多いほうですが、月によって出動が少ない場合もあり、若干のばらつきがあるといえるでしょう。もっとも出動が多い季節は、冬にかけてです。そのため、月に20回以上出動することになる場合もあります。出動要請は2008年では交通事故がもっとも多く、次いで労災でした。しかし東日本大震災の影響で労災による緊急搬送は一気に増えたでしょう。その他、脳出血や脳梗塞などの疾患でもドクターヘリが用いられることがあります。

そんな公立大学法人 福島県立医科大学付属病院ではフライトドクターの求人は募集しているのでしょうか?もともと、フライトドクターの求人は少ないといわれていますから「応募したい」と思っていても簡単ではありません。そのため、採用情報を随時チェックすることをおすすめします。

現在掲載している情報は、「初期研修プログラム」と「後期研修プログラム」のみ。給与は、卒後1年次で約38万円。福利厚生が充実しており、症例数も多いので救命救急医としてさまざまな知識・技術を学ぶことができるでしょう。後期研修プログラムでは、救急疾患に対応できる知識・技術を習得でき、救急医療システムおよびメディカルコントロール体制を理解できるようになります。またドクターヘリで病院前救急活動や医療行為の研修も行うことができ、将来的にフライトドクターとして活躍できる術を学べるでしょう。給与は、卒後3年次で約26万円です。

フライトドクターの求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2018-2020 フライトドクター求人ガイド All Rights Reserved.