千葉のフライトドクター求人

フライトドクター求人TOP >> 地域別のフライトドクター求人 >> 千葉

千葉のフライトドクター求人

千葉でフライトドクターとして働くなら、ドクターヘリを配備している病院を選ぶ必要があります。千葉では「日本医科大学千葉北総病院」がドクターヘリを配備している病院になり、2001年10月から運航するなどドクターヘリを配備している病院の中では歴史が古いでしょう。日本医科大学千葉北総病院のドクターヘリの特徴は、「エンジンをかけてから約2分で離陸」「小型機でテールローターがないため低騒音」「安全」の3つが主に挙げられます。またドクターヘリという名称のとおり、医療機器が標準装備されているため救急として用いられています。導入以降、平成16年度からは茨城とも協定を結び、広範囲の出動を実現しています。そのため、平成18年9月までに2,787件出動。診療人数も2,791名にのぼり非常に多くの患者さんを搬送してきています。

そんな日本医科大学千葉北総病院でフライトドクターとして働くには、研修医としてスタートすることになります。採用情報を見てみると、「専攻医・専修医」「臨床研修2次」の募集が行われており、それぞれ毎年決まった時期に募集されています。専攻医・専修医募集では、医師臨床研修を修了、あるいは平成30年3月31日に修了見込みのある方のみ応募できます。本給は、1年次:約24万円、2年次:約25万円。その他諸手当として宿日直手当と通勤手当が支給されます。

臨床研修医2次募集では、平成30年実施予定の医師国家試験を受験している医師免許を取得している方のみ応募資格が与えられます。また医師免許を取得見込みの方も応募可能です。研修医は常勤とし、研修手当金として約28万円支払われます。宿日直手当は1回9,600円、通勤手当は月10万円上限。平成30年4月1日から2年間研修を受けることになります。

研修内容は病院によって異なりますが、一般的には1年目:診療病院前救急医療&病院内救急医療を学ぶ、2年目:メディカルコントロール体制の中での指示を指導医ともに行える、3年目:ドクターカーまたはドクターヘリで診療病院前診療体制を学べる、というのが一般的です。専攻医研修の場合は、これに加え急病や外傷、中毒などの初期診療やトリアージ、重症患者の集中治療、災害医療現場での指導なども習得できます。ちなみに、日本医科大学千葉北総病院では、内科・麻酔科・リハビリテーション科・救命救急センターの4つに分類されます。フライトドクターとして働く場合は、救命救急センターでの育成プログラムを受けることになります。

フライトドクターの求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2018-2020 フライトドクター求人ガイド All Rights Reserved.