青森のフライトドクター求人

フライトドクター求人TOP >> 地域別のフライトドクター求人 >> 青森

青森のフライトドクター求人

2018年3月の時点で42道府県に52機しか存在していないドクターヘリですが、青森県の場合は青森県立中央病院や八戸市民病院にドクターヘリが設置されています。そのため青森県でフライトドクターの求人を探すとなると、これらの求人情報をチェックするしかないです。もちろん今後青森県内ではドクターヘリを有する病院が増えていくかもしれませんが、すぐにフライトドクターとしての道に進みたいと切望しているのであれば、青森県立中央病院や八戸市民病院に応募してみてください。

例えば青森県立中央病院では病院前治療としてドクターヘリだけでなく、ドクターカーも運用しており、いち早く現場に駆けつけて患者の命を救うことに全力を注いでいます。各関係医療機関や消防機関などの横との連携を取りながら救急医療に貢献している病院です。

フライトドクターになる前段階で救急医の資格を取得しておかなければならないのですが、青森県立中央病院では2018年4月時点で救急医の募集は行っていません。しかし、青森県の救急医療の中心として青森県立中央病院は大きな役割を果たしており、今後も救急医、つまりフライトドクターの必要性は高まっています。そのため、これからどんどん救急医の募集が行われる可能性がありますし、また常勤にこだわらなければ、非常勤としての募集もありえます。青森県内でフライトドクターになりたいのであれば、こまめに公式サイトをチェックしておくことをおすすめします。

因みに青森県立中央病院では2018年4月現在、新生児科の医師を募集しており、採用時期は相談にのってくれますし、青森県職員という身分で待遇は青森県の規定によるとなっています。おそらく救急医もこれと同じ内容の求人を行っているはずですから、詳細を確認したければ、直接問い合わせてみると良いでしょう。

青森県立中央病院では研修医の募集に力を注いでおり、まだ研修医で救急医に興味があるという人はこちらに応募してみると良いでしょう。特に平成23年からドクターヘリの運用を始めましたから、救急部門はより充実した研修を受ける事ができます。高機能救急ケアシュミレーター(ECS)が導入されたので、より本番に近い状態で実習を受ける事ができるので、救急医療を深く学びたいという研修医にはおすすめです。救急部門の研修は約3ヶ月にわたって行われ、救命救急センターにおける実習が終わると、最後は月3〜4回程度の宿日直によって実践が行われます。とても密度の濃い研修に参加できますから、研修医の人は是非応募してみてください。

フライトドクターの求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2018-2020 フライトドクター求人ガイド All Rights Reserved.