秋田のフライトドクター求人

フライトドクター求人TOP >> 地域別のフライトドクター求人 >> 秋田

秋田のフライトドクター求人

秋田県でフライトドクターになりたい場合は2018年3月時点で秋田赤十字病院や秋田大学医学部附属病院でドクターヘリを有しているので、これらの病院に応募するしかありません。秋田県は面積が広く、山間部も多いですから、今後もドクターヘリを配置する病院が増えてくる可能性があります。しかし現時点でフライトドクターになりたい場合は、秋田赤十字病院を目指すことになります。

2018年4月現在では秋田赤十字病院で救急医の募集は行っていません。現在募集している医師は麻酔科医師と放射線科医師のみです。給与や手当は日本赤十字社職員給与要項によるとされており、賞与は年2回、昇給は年1回となっています。健康保険や厚生年金など各種保険はもちろん完備されていますし、退職金は勤務年数によって支給されます。夏季休暇や結婚休暇、産前産後等休暇の他に、介護休業制度やボランティア休暇制度等も用意されています。募集は随時行っており、業務の開始時期は相談にのってくれます。救急医の募集があった場合もこれに準じると思いますので参考にしてください。

因みに秋田赤十字病院のドクターヘリの状況は平成23年の導入以来どんどん増えてきており、平成28年や平成29年には400件程度となっています。フライトドクターは救命救急センター長を筆頭に合計で7名いますが、内3名は応援医師で、昭和大学医学部や横浜労災病院救命救急センター、東京医科歯科大学救急災害医学分野などから来てくれています。秋田県に限らず、日本全国でフライトドクターの需要は増加傾向にありますし、秋田赤十字病院では応援医師が入っているくらいですから、今後フライトドクターの求人がでてくる可能性が大いにあります。もちろん、フライトドクターになるにはまずは救急医の資格を取得し、救急医の経験を積む事が大前提となります。もしまだ救急医の資格を取得していないのであれば、後期研修制度が充実していて、救急医療を学べる病院を狙ってみると良いでしょう。後期研修で秋田県にこだわらないのであれば、全国どこでも救急医の資格が取れますし、また経験を積む事ができます。

例えば関東のように大規模病院が多い都市圏であれば、救急医の経験をいくらでも積む事ができますし、フライトドクターになるチャンスも大きく広がって来ます。資格を取得して経験を積んだ後に秋田県でフライトドクターに応募しても遅くはないでしょう。その頃には秋田県のフライトドクターの求人数は増えているかもしれませんから、秋田県での求人数が少ないからといって悲観せずに、まずは目標に向かって動き始めてください。

フライトドクターの求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2018-2020 フライトドクター求人ガイド All Rights Reserved.