愛知のフライトドクター求人

フライトドクター求人TOP >> 地域別のフライトドクター求人 >> 愛知

愛知のフライトドクター求人

フライトドクターとして転職する場合、ドクターヘリが配備している病院を選ばなければいけません。愛知県は、「愛知医科大学病院」がドクターヘリを配備している病院で、2002年1月から運航を開始しています。ドクターヘリを導入した病院の中では比較的歴史が古いでしょう。日本全国では4番目になります。ドクターヘリにはフライトドクターとフライトナース、操縦士などが搭乗することになりますが、ヘリコプターに1名ずつしか搭乗できないため、医師としての高い経験や技能が求められます。そのため、転職する場合はある程度医師としての実績がある方のほうが有利になるでしょう。

そんな愛知医科大学病院でフライトドクターとして働くなら、「初期臨床研修医」「後期臨床研修医」に応募する必要があります。研修医を経てフライトドクターとして活躍できるため、研修医としての経験がない方は初期臨床研修医を、3年以上の経験がある方は後期臨床研修医を選択しましょう。

まず初期臨床研修医ですが、医科・歯科の募集を行っています。フライトドクターの場合、救急科を選択することになりますから医科を選んでください。一般コースと特別コースを設けており、1年目は、内科・内科(PCC)・小児科・救急診療部・麻酔科・外科・外科系Aの順で学ぶことになります。2年目は、内科(PCC)・地域医療・産婦人科・精神神経科・外科系Bを学んだあと、学内選択または学外選択をします。そのあとは選択した科目を学ぶことになるでしょう。特別コースには小児科研修プログラムと産婦人科研修プログラムも設けられていますので、救急科なら一般コースがベストになります。

次に後期臨床研修医です。こちらを応募する場合は、過去5年以内の業績を記載する必要があります。初期臨床研修医・後期臨床研修医ともに、履歴書や推薦書などは愛知医科大学病院の公式ホームページで確認することができます。給与など詳しい情報は記載されていませんので、直接病院に問い合わせて確認してください。

フライトドクターは、研修医を経てドクターヘリに搭乗することができます。医師の資格を取得していることは必要不可欠ですが、経験のない医師の場合、初期臨床研修医を受けることになります。2年間の研修を修了したのち、後期研修または専攻医研修を受けますが、そのタイミングで病院の救急科を選ぶこともできます。また初期研修でも、救急部門を専従していた場合は救急科専門医の期間もプラスされることになります。

フライトドクターの求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2018-2020 フライトドクター求人ガイド All Rights Reserved.