フライトドクター求人ガイド

フライトドクターへ転職をお考えの先生へ

ドラマなどでも取り上げられたことで注目されている「フライトドクター」という仕事。医師の転職先としては希少ですが、転職エージェントを有効に活用すれば転職ももちろん可能です。

当サイトでまずご紹介したいのは医師転職ドットコムです。豊富な医師求人の中にはフライトドクターの求人情報もありますし、何よりスタッフの手厚いサポートが転職を有利に進めてくれます。まずは登録だけでもしておくと分からないことや不安も解消してくれるのでおすすめですよ。

フライトドクターの求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
医師転職ドットコムは、医師のキャリアアップを応援する転職専門サイトです。求人が少ないといわれているフライトドクターの求人も揃えており、自分に合った求人を見つけることができるでしょう。また、実際にいただいた質問をもとに、Q&Aも掲載。転職からキャリアプランまでのリアルな声で非常に参考になります。求人数も4万件以上、非公開求人も1万件以上あり高待遇・好条件の求人も見つけやすいでしょう。

リクルートドクターズキャリア 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
好条件・高収入の医師転職求人を紹介しているリクルートドクターズキャリア。医師転職に精通している専任スタッフがいるので、はじめての方でも安心して転職できます。また、珍しいフライトドクターの求人も揃えています。一般ではなかなか公開されない求人も、ここなら豊富に揃っているので自分に合った求人を見つけやすいでしょう。「もっと稼ぎたい」「医師としての実力を高めたい」という方は、ぜひ利用してみてください。

エムスリーキャリア 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
常勤・非常勤の医師求人といえばエムスリーキャリアです。転職希望医師の登録実績がなんと6年連続で1位を獲得しており、非常に信頼のおける転職サイトになります。また、求人数が少ないフライトドクターの求人も見つけることができます。あなたの医師転職を成功へと導いてくれるコンサルタントもいますから、安心して転職活動ができるでしょう。全国各地の医師転職求人を掲載していますから、地元以外の応募も可能です。

マイナビDOCTOR 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
大手転職サイト・マイナビの医師転職専門のサイトです。医師専任キャリアパートナーがいるので、はじめて転職する方でも安心。希望に沿った求人を紹介してくれるでしょう。もちろん、フライトドクターの求人もあります。医師向けのお役立ち情報ページも随時更新しているので、参考になるでしょう。登録は無料。費用は一切かかりませんから、「医師として新たに活躍したい」という方はぜひ登録してみてください。

ドクタービジョン 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
東証一部上場、日本調剤グループ会社メディカルリソースが運営している医師転職支援サービス「ドクタービジョン」。高額求人はもちろんのこと、女性が活躍できる求人、フライトドクターの求人など多数用意しています。また医師のライフスタイルに合った提案をしてくれるので、無理なく働ける病院を見つけられるのもドクタービジョンの良いところでしょう。コンサルタントによる厳選された求人はキャリアアップを目指している医師必見です。

フライトドクターとは?

ドラマで一躍脚光を浴びたフライトドクターというお仕事ですが、フライトドクターとは一体どのような仕事をしているのでしょうか?

実はフライトドクターは通常は救急医としてドクターヘリを用意している病院に勤務しています。災害や大事故などの緊急事態が発生した時に、消防の要請によって出動します。救急医であれば誰でもフライトドクターになれるのではなく、ドクターヘリがある病院でなければフライトドクターにはなれません。毎日救急医として経験を積んでから、フライトドクターになる事ができます。毎日救急医療をしていれば、すぐにフライトドクターになれるのではないかと思いがちですが、ドクターヘリにはフライトドクターとナース、操縦士の他に患者を乗せなくてはならないので、最低限の医療機器しか持っていく事が出来ません。また消防に要請を受けるほど急を要する事態なわけですから、迅速な判断と行動が必要とされる仕事です。そのため、救急医としてある程度の実績を積んだ医師ではないと、フライトドクターになることは出来ないのです。

フライトドクターは当番制となっており、病院の救急医の数によって違ってきますが、月に3回程度でフライトドクターの仕事がやってきます。フライトドクターの当番の日はフライト用のスーツを着用して日々の業務に携わり、消防からの要請があればすぐに現場に向かうようにしています。ドクターヘリを夜間に飛ばすことはほぼ無いので、状況にもよりますが、夏場では18時にはフライト終了になりますが、それでも1日に複数回出動しなければならない事も多いです。多いときは1日に7回も出動したという記録があり、フライトドクターは体力的にも神経的にも大変な仕事です。そのため自分の体調管理には注意を払わなければ、現場で待つ患者を救う事が出来ません。またドクターヘリの中だけではなく、消防や病院などとの連携も必要なので、チームプレイが出来る人材でなくてはなりません。

2017年現在では日本国内にドクターヘリの拠点は51機しかなく、ドクターヘリが多く活躍している欧米などに比べるとまだまだ進化している途中と言えます。大変なプレッシャーの中で行う仕事ですが、最前線で命を救う仕事ですから多くの救急医がやりがいを感じています。医師として多くの人を救いたいと思うのであれば、救急医を目指してみて、そしてさらにフライトドクターにまでチャレンジしてみる事をおすすめします。地震国である日本ではますますフライトドクターの需要は高まる傾向にありますので、厳しい仕事ですが、大きな達成感を味わう事が出来るでしょう。

フライトドクターの求人事情は?

最近ドラマなどで人気が出てきたフライトドクターは、多くの医師の卵たちにとって憧れの的となっています。フライトドクターになるためには救急医としての経験を持たなければなれませんから、フライトドクターになるためには救急医の求人情報を探す事が第一となります。

通常、医師免許を取得したあとは、研修医として様々な分野で経験を積んでいく事になりますが、最終的にフライトドクターになりたいと思っているのであれば、まずは救急科専門医としての資格を取得する事が大前提となります。概ね救急科専門医の資格を取るには3年以上同学会の学会員である事や、5年以上の臨床経験が必要である事、そして専門医指定施設で救急部門の医師として3年以上働いている事という条件がありますから、救急科の専門医になるだけでも6年近く費やす事になります。ドクターヘリに搭乗出来る医師とは基本的に医師免許を取得していれば誰でも搭乗出来ると思いがちなのですが、やはり業務が特殊である事から、まずは救急科専門医として、たっぷり経験を積む事が必要となるのです。

フライトドクターになるためにはドクターヘリを所有している病院に就職する事が大切です。2018年3月時点で各地の赤十字病院や大学病院などを中心に全国に42道府県、52機しかありません。まずはドクターヘリを所有している救急科のある病院に応募するようにしてください。各病院では救急医の募集を行っている場合は採用情報を公式サイトに掲載している事が多いので、気になる病院があればこまめにチェックしておいてください。救急医の非常勤であれば、比較的多く募集を行っており、非常勤であっても各種保険や年金、労災などの待遇はきちんと準備されているところが多いです。また日本救急医学会専門医の資格が取れますから、どうしてもフライトドクターになりたいのであれば、まずは非常勤から狙ってみて、採用されれば日々救急医としての経験を積んでフライトドクターへの切符を掴むのも良いでしょう。

前述したようにいきなりドクターヘリに搭乗出来る訳ではなく、救急医としての経験を積む事が重要です。日々救急医として研鑽を積んで、晴れてドクターヘリに乗る資格をゲット出来ますから、日々鍛錬を積むようにしてください。ドクターヘリに乗る事が出来る資格が取れたあとも、毎日の救急医としての業務は変わりません。毎日の目の前にいる患者の命を救う事に全力を尽くしてください。


Copyright (C) 2018 フライトドクター求人ガイド All Rights Reserved.